心霊スポット 怖い話 品川区 鈴ヶ森

品川区鈴ヶ森での恐怖体験

物ごころついた頃より人一倍霊感が強く、
これまで様々な体験をしてきましたが、
鈴ヶ森での異様な体験はこれまでに経験したことのない不思議なものでした。

 

霊感体質のためこのような怖いところに行くと必ず何かが起こる、
また刑場、戦争跡地等の場合はどちらかと言うと良くないことに巻き込まれたりする。

 

こういう場所には、見ない、行かない、
近づかないと三無主義で暮らしてきました。

 

しかし営業マンで生業をたてていた関係で、
どうしても鈴ヶ森に行く用事が出来てしまいました。

 

夏の暑い日でしたが、
京急で鈴ヶ森に到着し顧客先に向かおうとしました。

 

するともう足が重いのです。

 

思うように歩けないのです。

 

やはり来たかと思いながら、
恐る恐る足元をみると何と陽炎のような透明な人体が数100体、
わたしの足もとにしがみついているのです。

 

怖いというより驚愕です。

 

アポイントの時間があるため、
こういう時に役立つ言葉を唱えながら足を引きずるように歩いて行くと自然と消えて行きました。

 

まだまだ成仏されてない霊が多いのかな思いながらも、
無宗教で一般人である私にはどうすることもできず、
ただただ成仏されることをお祈りしました。

 

余談ですが、前述のようにこのような場所での霊体験は、
後々悪いことが起こることが多かったのですが、
今回ばかりは全く逆で初めて訪問した法人さんで即契約を受注することができました。

 

そういえば同じ例でも生霊のような最近の霊ほどたちが悪く、
昔の霊は以外と潔い霊が多いということを思い出したりしました。

 

また後日、契約の関係で数度その法人を訪れますが、
その時はわたしひとりではなく複数人同行していたせいか、何事も起こることはありませんでした。