心霊スポット 怖い話 福岡県 博多

博多のラブホでの体験談

彼と九州旅行をした時の話です。

 

車でのらりくらりと博多へ向かい、昼間は買い物、
夜は屋台巡りを満喫していました。

 

宿も適当な所に泊まろうと決めていたので宿探しを開始。

 

でも、博多には沢山ホテルはあるのにどこもいっぱい。

 

すごく高い所は空いていたけど、
次の日にいい宿をとってあったので安い宿を探しました。

 

かなり探してやっと博多のはずれに一件ラブホテルを見つけ、
駐車場も車が全然停まっていなかったのでここにしよう!と即決しました。

 

私は子どもの頃から少し霊感があるのか、
直感で「ここは嫌だな」と思いましたが、
かなり疲れていたので何も言わず我慢する事にしました。

 

ラブホは部屋選びでどれだけ埋まっているか分かりますが、
予想通り私たち以外は誰も入ってないようでした。

 

適当に選んで部屋に向かい、
部屋に入った瞬間すごく嫌な感じがしました。

 

気のせい気のせいと自分をなだめ、
順番にお風呂に入り、すぐ寝る事に。

 

彼に「電気消すよ〜」と会話していたら、
私と彼との間で、女性の話し声がしました。私は一瞬でゾッとしました。

 

彼は霊感が全くないタイプですが、
その女性の話し声に「え?」と返事をしていたからです。

 

私は無言で電気を消して布団に入りました。

 

ほとんど眠れませんでした。

 

夜中、天井からは足音、
両サイドの部屋から壁を殴るような音がずっとしていたからです。

 

朝彼を起こし、準備を終え部屋を後にし、
車で出発してから話しを切り出しました。

 

「物音うるさくなかった?足音とか横の部屋」と私が言うと、
「うん、めっちゃうるさかったね!でも爆睡しちゃった!」と、
笑う彼がいきなり笑わなくなり、「どうしたの?」と私が言うと、
「俺たちの部屋最上階だったじゃん、、、」
そうだ、部屋を選んだ時3階の一番上だった。

 

振り返りホテルを見るとやはり3階建て。

 

いつもあっけらかんとしている彼が震えていました。