心霊スポット 怖い話 愛媛県 大谷池

愛媛県大谷池での恐怖体験

こんばんは、今回は同じく愛媛県松山市内で体験したお話をしようと思います。

 

恐怖体験をした場所は、
松山市の南位置する伊予市と呼ばれる地区にある「大谷池」と呼ばれるスポットです。

 

僕が10歳の時に家族でドライブに行った時の話です。

 

この場所は池というよりは大きな湖で昼間は森林浴効果がありそうな場所なのですが、
夜になると外灯もなく真っ暗な場所です。

 

僕が行った時は昼間なのですが、
着いてからなんか嫌な感じがするなとは思いました。

 

湖の近くにはアスレチック施設もあり子供はすごく楽しい場所なので僕も楽しみました。

 

遊んでいる最中にトイレに行きたくなり近くのトイレを利用しにいき、
その時に僕より少し年上くらいの女の子がトイレに入っていきました。

 

服装は白い着物で、この辺でイベントでもあるのかなと思いました。

 

トイレからでて家族の所へ戻りその話をみんなに話しました。

 

そろそろ帰ろうと車の中に入ろうとした時湖の方をチラッと眺めた時、
湖の真ん中付近にさっきの女の子がいました。

 

いたというより湖の上にスーっと浮いていました。

 

そして隣にいた妹に、
「あそこみて!」と叫び妹は僕が指さした方を見ましたが何もいないと言います。

 

僕は怖くなりはじめました。

 

そして勇気をだしてもう一度湖の方を見ると、
その子の体は半分ほど水の中に浸かっていて最後はそのまま消えていきました。

 

その後聞いた話ですが、
あの大谷池には伝説があり昔雨を降らず人々苦しんでいた時に何十人もの方が人柱になったと言われています。