心霊スポット 怖い話 福井県 東尋坊

福井県坂井市にある東尋坊の紹介

東尋坊は福井県坂井市にある日本の心霊スポットの中の一つです。

 

この場所は心霊スポットとして知名度が高い場所となっています。

 

そして福井県の心霊スポットの中でも、
一番有名な場所となります。

 

この土地の名前の由来は昔平泉寺に東尋坊という名の僧がおり、
仲間の僧によって崖から突き落とされたことが原因とされています。

 

そして多くの著名人が自殺の場所として使用したことが、
日本の心霊スポットとして認識されるようになりました。

 

実際に現場の崖に行くと、
何者かに引き寄せられるような感じがする現象が発生することがあります。

 

心霊スポットとして知名度が高いことから、
この場所も夏の心霊番組で放送されるケースが多いです。

 

また東尋坊では自殺予防対策として、
電話ボックスの設置と見回りが行われています。

 

この予防対策についても、
ニュース番組の自殺防止の特集でこの東尋坊が放送されることがあります。

 

この対策のおかげで、
毎年の自殺数の数も少しずつ減少しています。

 

そして昼と夜とでは雰囲気が変わりすぐそばは海となっていますので、
海や崖での心霊現象も数多く事例があります。

 

また東尋坊の近くにある雄島という場所も、
数多くの心霊現象が発生しています。

 

地元住民の中では、
東尋坊で自殺をするとその遺体が雄島に流れる、と噂されています。

 

そんなことが起こっている場所なだけに、
何者かに掴まれる・引っ張られるなどの心霊現象も多く発生しています。

 

いずれの場所も夜は特に危険度が高いので、
観光目的で訪れる場合は昼に行くのがお勧めです。