心霊スポット 怖い話 東京都 青山霊園

墓地や霊園は心霊スポットと言えるのか

東京都港区の南青山には、青山霊園があります。

 

国内では歴史と伝統のある大きな霊園なので、
とても有名なところです。

 

しかも青山霊園は心霊スポットとしても昔から知られていて、
「タクシーに載せたはずの女の人が消えてしまった」などという怪談話の類は、
枚挙にいとまがありません。

 

ただし、青山霊園を都内有数の心霊スポットと定義することについては、
私はあまり賛同できません。

 

なぜなら、もしも青山霊園が心霊スポットであるならば、
世界中の大小様々の墓地や霊園も、
みんな心霊スポットと言えるからです。

 

そもそも墓自体、多かれ少なかれ、
心霊的なものをまとっている特殊な存在なのです。

 

ですから墓地や霊園を特別な心霊スポットと呼ぶからには、
それに相応しい強烈な理由が必要です。

 

そしてその理由としては、「タクシーから消えた女の人」程度の話では、
インパクトとしては小さ過ぎるのではないかと思います。

 

これはあくまでも私見ですが、
青山霊園を見る限り、私はそう思います。

 

さて、その青山霊園ですが、
確かに不気味な幽霊の目撃談などは多いですが、
私の知る限り、凶悪な霊気などは殆ど感じられません。

 

ですから基本的に、青山霊園は危険なスポットではありません。

 

こちらが失礼なことをしない限り、
そこを訪ねても何ら危険なことはありません。

 

ただし墓地や霊園は神聖な場所と心得なければならず、
行くからには供養の心を持っていかなければなりません。

 

それは人として最低限の礼儀です。

 

逆に言えば、礼儀知らずの人は行ってはいけません。