心霊スポット 怖い話 大阪 千日デパート

大阪千日デパート跡地発、近隣の怖い話

「大阪千日デパートで昔火災があって、
そのあとに営業していた商業施設でも不可解な現象が相次ぎ、
結局撤退してしまった」との噂話は昔からあって、私も聞いたことがありました。

 

が、何年も前のことであり、そんな噂話もすっかり忘れきっていた、つい先日のことです。

 

とある理由から、先日私は難波で友人と会食することになり、
結局終電を過ぎても飲み歩いてしまい、
翌日も仕事だった私は、難波周辺で朝まで過ごすためのスポットを探すこととなりました。

 

いくつか宿の候補をあたったのですが、
結局1件だけ空きがあるところを見つけたので、そこに泊まることにしました。

 

かなり疲れていた私は、「風呂は朝にでも入ろう」と思い、
ガウンに着替えただけですぐに寝床に横になり、
事前に購入したミネラルウォーターを飲んで、そのまま眠ろうとしたのです。

 

が。。。目を閉じた後、
すぐに「頭はしっかりしているのに、体が動かない状態」となりました。

 

俗に言う「金縛り状態」ですが、
その状態を自覚したことがなかった私は、
そのときは何がなんだかわかりませんでした。

 

そのあと、なんの理由もなく非常に強い恐怖感が襲ってきて、
汗が噴き出してきました。

 

「どうしよう、どうしよう」と考えたところまでは覚えていますが、
その後私は気絶したかのように眠ってしまったのです。

 

翌朝、少し恐怖感は残っていましたが、
「疲れていたからかな?」くらいに考えて、
気を取り直して風呂にはいり、チェックアウトしました。

 

そして外に出てふと横を見たとき、愕然としました。

 

私が止まった場所は、例のデパート跡地のすぐ近くだったのです。

 

忘れていたあの噂話の記憶が蘇りました。

 

因果関係はわからないままですが、
何かあのデパートでの噂に関係していたのではないか、と思うのです。