日光 華厳の滝 心霊

日光 華厳の滝で撮れてしまった心霊写真

友人が実際に体験した心霊に関する不思議な話です。

 

友人が行きつけにしているバーは、
ほとんど常連のお客さんしか出入りしないため、
その日の来店客もほとんどが顔見知りな状態でした。

 

その中で女の子の友人たちが、
先日、栃木県の日光の観光地に
温泉旅行に行ったときの写真を広げて見ていたのです。

 

変なの、と言って見せられた写真は、
3人の女の子が名所である華厳の滝をバックに
そこの管理人さんに写真を撮ってもらったものでした。

 

変だったのは3人の女の子の足の部分に、
もう一本知らない足が写り込んでいたことでした。

 

靴下や靴の感じもどこか時代遅れで、
とても違和感を覚えました。

 

結局その写真はマスターがお祓いに持って行くねと、引き取ったそうです。

 

数週間して店を訪れた時に、どうなったか聞いたところ、
すっかり忘れられていた写真が酒瓶の間から出てきました。

 

そして、驚いたことに写真には明らかに滝の部分に以前にはなかった陰がうっすら出来ていて、
しかもそれが顔のように見えて、とても不気味だったそうです。
マスターは「滝霊王じゃない?」と気にしませんでしたが
とても不気味な雰囲気に彼女は気になったそうです。

 

帰ってから華厳の滝について調べてみると
その滝壺は、全国心霊スポットMAPや関東心霊スポットのサイトなどで
頻繁に取り上げられる心霊スポットだったんだそうです。

 

 

さすがに3度目に聞いた時に忘れられていたことに呆れてしまいましたが、
写真に写っていた女の子の友人も一緒に写真を見返すことになりました。

 

長い間忘れられていた写真の中には、
滝の中一面顔のような模様が浮かび、水はどす黒く濁ってうつっていました。

 

女の子の友人は霊感があるらしく、
この写真は危ないから私が引き取ってすぐ処分すると言って受け取ると、
すぐにお祓いに持って行ったそうです。

 

お祓いした先では、この写真には自殺した方の霊が写っていて、
持っていては危なかったと言われたそうです。

 

三度も心霊写真が変化していく行程を目の当たりにした友人は、
さすがに恐怖だったと話していました。
やはり自殺者の霊だったのでしょうか。

 

 

関わった全ての人に何事もなくて何よりだと思いました。