心霊スポット 怖い話 北海道 里塚霊園

札幌にある里塚霊園での体験

私の友人の体験談です。

 

札幌にある里塚霊園は地元ではとてもメジャーな心霊スポットであり、
色んなうわさ話があとを耐えず、出来れば近づきたくない場所の一つでした。

 

その日、どうしてそんな場所に行かなければならなかったかと言うと、
学園祭の打ち上げで気分が高揚した友人らの誘いを断れなかったからでした。

 

親友は霊感が強く、終始行きたくないとおびえいる様子でした。

 

私も帰ってしまおうかと思っていたのですが、
高校最後の学園祭の打ち上げをもう少し楽しんでいたいという気持ちもあって、
帰ることができませんでした。

 

初めて入った里塚霊園は夏なのに、
そこだけとてもひんやりとした空気が流れていて、
肌寒いくらいでした。キャアキャア言いながら、
楽しそうに先を行く友人らの後に続こうとしたとき、
親友が私の腕をグッとつかみました。

 

どうしたのか訪ねると、
彼女は私に行ってはいけないと言いました。

 

先を行く友人らが私たちに、
早く来いと促しますが、親友は私を掴んだまま離そうとしません。

 

結局そのまま諦めて、
私と親友は霊園を出て友人らが肝試しをして帰ってくるのを待つことにしました。

 

道すがら、私は親友になぜ行ってはいけなかったのか訪ねました。

 

親友には私たちが横切ろうとした墓石のところに男の人がいるのが見えたそうです。

 

そしてその人がもの凄い形相で私たちを睨みながら
「出て行け」と言っていたのが聞こえたんだそうです。

 

半分から返事で答えながら、
親友と霊園を出た瞬間、私たちはぞっとしました。

 

私にもかすかにですが聞こえた気がしたんです。

 

「次来たら殺すぞ」と言った男の人の声が。

 

それ以来,絶対に霊園には近づいていません。

 

きっと遊び半分でやってきた私たちに、
眠っていた人々が怒った声が聞こえたのだと思っています。