心霊スポット 怖い話 ラブホテル

浜松市のラブホテルの怪

静岡県浜松市南区には、心霊スポットと言うか、
そう言った話の温床になりそうなエピソードがいくつもあります。

 

ドブ川に死体が流れていた、
海沿いの防風林で首吊り、焼身自殺があった、
松林で血まみれの男に追われた、などなど、ヤバい話には事欠きません。

 

まぁ、地元での事件を大げさに話したような怪談もあり、
どれも噂の域を出ないのですが、一つだけまことしやかに囁かれている話があります。

 

同じく南区にはラブホテルが並んだ地域があり、
カップルやら海の帰りやらに寄っていく人も多いのですが、
その中の一つに、まぁ想像はつくでしょうが……「出る」と言うのです。

 

殺人やら自殺やらの話の中で、何の事件も無かった所に、
急に幽霊みたいなモノが「出る」と言う話は、逆に信憑性に満ちています。

 

理由とかが一切無しに突然そう言った噂が広まったのです。

 

それがさらに妙な恐ろしさを煽ったらしく、
地元では「本物」が出ると言う事で恐れられています。

 

ラブホが沢山立ち並んでいると言う事で、
どのラブホかも分からないのが、さらに恐ろしいポイントです。

 

フラっと泊まったホテルに「出る」と言うのはかなり恐ろしいです。

 

入った人の話に寄れば、明らかにカップル意外の声が聞こえる、
壁をドンドン叩く音がするので、フロントに文句を言ったら、その部屋は空き部屋だった……とか、
怪現象としか言えない証言が山ほどあるのです。

 

その地域にあるラブホは何度も外観を買えてリニューアルをするのですが、
その理由が、幽霊が出るラブホを特定させない為と言う話もあります。