心霊スポット 怖い話 埼玉県 鎌北湖

埼玉県鎌北湖〜美しい湖の廃墟にたたずむ霊

観光地によく行く事があるのですが、
その観光先で心霊スポットと呼ばれる場所を目指してしまう事が多々あります。

 

なぜか自然が多くて美しい所にばかりそんな場所がある事も多くあるのです。

 

その時に行った場所は鎌北湖です。

 

埼玉県入間郡毛呂山町にあり、
お休みの昼間ともなれば観光客でにぎわう場所でもあるのです。

 

しかしながら、この鎌北湖には裏の顔があり、どうも幽霊をたびたび目撃する人がいるそうです。

 

湖ではボートなどの乗り物も楽しめるほかに、
季節の自然の絶景が美しい場所にそんな話があるなんて、最初は信じる事ができませんでした。

 

小さな丸い建物が中央に建っており、その建物もとても綺麗で写真を撮っていました。

 

しばらく歩いてみると、思った以上に小さな湖でしたが、
ある所から侵入禁止のテープが張られており、その先には廃墟らしき施設がありました。

 

来る人を拒むような施設がこの観光名所にあった事に戸惑いましたが、
家に帰って調べてみると、どうやらこの付近で霊を目撃する人が多いそうです。

 

そこは旅館の廃墟であり、
昔集団での練炭自殺をしたと言われる場所だという噂などもネットでは掲載されていました。

 

まさに来る人を拒むようなものがその場所にはあったのです。

 

異質とも言えるその侵入禁止のテープの先には、本当に霊がいるのでしょうか・・。

 

絶景の先の空間には、ただならぬ雰囲気を感じました。