心霊スポット 怖い話 福島県 猪苗代湖 体験

福島県猪苗代湖で体験した話

これは去年私が生まれて初めて経験した怖かった実体験です。
私はこの体験の前に今まで心霊スポットに一度だけ行った事がありましたけど
怖い経験をしたことがありませんでした。
なのでもちろんのことそういう類のものは信じてませんでした。
まさかここで怖い経験をするなど思ってもいませんでした。

 

真夏の深夜、当時同棲していた彼氏が
いきなりドライブに行こうと言って誘われました。
福島県では知っている人は知っていると思いますが
猪苗代湖といえば有名ですけど、
いい意味でも良くない意味でも色々噂があって
例えば猪苗代湖には死体が沢山沈んでるとか
霊が出るとかそんな話を良く聞きます。

 

私もその話は聞いた時はありましたけど
正直いってただの噂にしか思ってもいませんでした。

 

そして私と彼は深夜2時過ぎに猪苗代に向かいました。
今思えば何で猪苗代に向かったのか良く分かりません。
行きは二人で楽しく話しながら向かってたのですが着いた途端、
彼は私とは違う方を見て黙ってました。

 

少しして彼は早く帰った方がいいと私に言ったのですが、
私は彼がふざけてるのだと思い言い分を無視し海岸の方に行きました。
その時真夏なのにとても寒くて震えたのを覚えています。
怖くなって私は彼を引っ張り車に戻りました。
彼は具合が悪そうだったので私が運転したのですが、
すぐ寝てしまったのです。

 

そしたら自分の足元がいきなり光りだして
耳元でシャッター音が何度も聞こえはじめたのです。
怖くなって彼に呼びかけましたけど反応が無く、
私はなるべく急いで帰ろうとしました。

 

何分かその現象は続いたのですが
途中で止まり落ち着き家までもう半分の距離になった時、
後部座席(運転席の後ろ)からおじさんの様な声で「もう帰るのか?」と聞こえてきました。

 

その直後、彼が目覚めて問い詰めたら
車に乗った後からの記憶がないと聞きました。

 

その後は何事も無く家に着きました。
彼に気になっていたので、あのとき何で帰ろうと言ったのか聞いてみましたが教えてもらえませんでした。

 

これが私が経験した出来事です。