心霊スポット 怖い話 福岡県 潮見展望台 

山の雰囲気には慣れません。

私は山全般、たとえ日中に行ったとしても
なにか不気味なものを感じます。夜はなおさらです。
ですが山の上から見る夜景ってとってもきれいですよね。
何度か夜景を見るために友人と夜の山にドライブに行ったことがあります。
そのうちの一つを紹介しますね。

 

私の地元でもある福岡県福岡市東区の志賀島にある
潮見展望台という展望台です。

 

金印で有名な志賀島。
海水浴に訪れたことがある人も多いと思います。
この潮見展望台に行くには2つの入り口がるんですが、
その一つにある神社の横から上がっていく道。
この神社もかなりやばいんですが、それはまた。

 

神社の横からずっと一本道で上がっていきますが、
街灯がないので真っ暗です。
もうとっても暗くて不気味です。

 

その時私は3人でドライブに行き、助手席に座っていました。
怖かったのですが3人とも地元の友人、
大丈夫だと思い楽しい話をしながら登って行ってました。

 

行くときは何もなかったんですが、帰りの出来事。
基本的には一本道なのですが途中いくつか別れている道があります。
そこで間違った方向に進むと蒙古塚という墓地にたどり着いてしまいます。
夜の蒙古塚はこれ以上ないくらい不気味で
何かに憑かれてしまうという話を運転している友達がしていました。

 

そしてちょうどその分かれ道についたときに見てしまったのです。
後ろから手招きしているヒトではないものの姿を。
振り返って見ると何もいません。

 

けれどずっと鏡に映っていて、手招きをしています。
他の友人は誰一人気付いていません。
何事もないように正しい道に進むといつしか鏡からは消えていました。
山のふもとまで下りて行ってジュースを買うために明るい自販機の前に停車すると
車の後ろに赤い手形のようなものがついていました。