心霊スポット 怖い話 埼玉県 旧正丸トンネル 

「旧正丸トンネル」は実在したのか!?

埼玉県飯能市にある「正丸峠」に通じる道路は、
実にいろいろな意味で有名な山道なのですが、
現在ではほぼ廃道のようになっており、
代わって「正丸トンネル」を利用する国道ルートがメインルートになっています。

 

正丸峠はとても見晴らしがよいため、
本来であれば観光スポットなのですが、
私の父の話では、かつて「幽霊が出た」という
記事が新聞にデカデカと掲載されたことがあったらしく、
おそらくそれ以来、「心霊スポット」になってしまったようです。

 

現在の正丸峠とは別に、「旧正丸峠」と呼ばれる峠があり、
国道の正丸トンネル共々、いろいろなウワサが後を絶たない、
いわく因縁つきの場所となってしまいました。

 

私の友人の話なのですが、
実は、この「旧正丸峠」のほうには「旧正丸トンネル」と呼ばれる
廃トンネルが存在しているというウワサをどこかから聞きつけ、
私共々非常に興味をそそられました。

 

正丸トンネルや正丸峠などとは比べ物にならないくらい、
「霊的に恐ろしいトンネル」であるということで、
友人は地元の町役場に出向いて「旧正丸トンネル」について
取材を行ったりするほど熱心でした。
もちろん、役場では、「そんなトンネルは実在しない」と否定されたようですが・・・

 

その友人の勧めもあって、「旧正丸トンネルを探しに行こう!」という話になり、
昼間、旧正丸峠に向けて車を走らせました。
山の中に入り込むと、暖かい空気と妙に冷やかな空気とが盛んに入り交じり、
一種の緊迫感に襲われました。

 

まあ当然というか、残念ながら
旧正丸トンネルらしきものを見つけることはできませんでしたが、
後日、その友人の知人の男性の口から
「昔、旧正丸トンネルがあったらしい」という話を
直接耳にしたときには本当にゾッとしました。
つまり、その男性が「ウワサの出どころ」だったのです。

 

私と友人はその男性から話を訊きだそうとしましたが、
「あのトンネルには近づかないほうがいいらしいよ。
まあ俺は知らないけど。やめとけやめとけ」といって笑いました。
明らかに「話したがらない」という風情でした。

 

もちろんその男性がウソをついていた可能性も否定できませんが、
あとになって考えてみると、「あのトンネル」という言い方は、
ある対象を実際に見てきた人が発することばであったような気がしてならないのですが・・・