心霊スポット 怖い話 福井 東尋坊 雄島 東尋坊

東尋坊より雄島に気を付けて

言わずと知れた福井県にある国の天然記念物、
名勝であると共に「自殺の名所」です。
近くにある電話ボックスでは霊の目撃情報が頻繁にあり、
心霊写真も撮れますし、夜中にはその公衆電話が鳴ることもあり、
受話器を取ると「助けて・・・」と一言・・・。

 

しかし、ここ東尋坊は崖の先端まで行くと、
海の方へ引っ張られる力は半端ないものがありますが、
それは霊の力ではないようです。

 

ですが、くれぐれも気を付けないと、
何かわからない力に依って海に引きずり込まれる可能性が高いです。
特に霊感の強い方は気を付けて。

 

絶対に崖の先端で立ったまま海を見下ろさないようにして下さい。
海を見たいなら、腰を落として、全身の力で踏ん張って見るようにして下さい。

 

また、近くの公衆トイレでも霊が出ます。
女子トイレの方だけです。
誰もいないはずなのに、扉が開く音がしたりするそうですが、
奥の個室に若い女性(霊)が座っているのを見た霊能者がいます。

 

男子トイレには霊の気配はないそうです。
しかし、霊能者が気になったのはトイレの横の鉄の柵の中だそうで、
そこに何故か霊が溜まっているということです。
普通の人は入れませんが、近づかないようにすることです。

 

また、東尋坊から飛び込んだ自殺者は雄島に流れ着くと言うことですが、
実際こちらの方で霊を多く感じるそうです。
東尋坊側と雄島を結ぶ長い橋がありますが、
ここには自殺者の霊が大勢手を掛けて橋に登ろうとしています。

 

ここを歩いた人の中には、足首を掴まれたように感じたり、
写真を撮ると橋のたもとに霊の手が映っていたという経験をした人も多いことでしょう。
また、雄島からか、橋でなのかはわかりませんが、霊が憑いてしまう人が多いです。
霊を持ち帰りたくなかったら、雄島へ行く橋に近づかない方が良いでしょう。

 

雄島については、島を逆回り(反時計周り)すると死ぬとか、霊を見るとかいう言い伝えがあります。
この説については、霊能者の人の言うことでは、理由はわからないが、
島を逆回りしようとすると見えない壁に遮られるそうです。
また、道に迷ったりもしますから、島を反時計回りに歩くことと、
夜に雄島自体に入ることは絶対にしない方が身の為です。