心霊スポット 怖い話 岡山県 旧志戸坂トンネル

岡山県の旧志戸坂トンネルで肝試し

当時付き合っていた彼氏の地元ということで、ダブルデートしていた時に肝試しに行きました。

 

このトンネルは新しいトンネルが出来たことに伴い、閉鎖されたものらしいです。

 

なので入口も金網で閉鎖されていて車でははいれません。

 

でも私たちのような人がおもしろ半分で行ったのか、人が一人入れるくらい金網がちぎられています。

 

中は異様な臭いがするし、照明なども壊れてぶら下がっていたり、とても古いものでした。

 

県北ということもあってかすごく寒くて終始震えていました。

 

トンネルの端までライトで照らしながら歩いてみましたが、
何も起こりませんでした。

 

入口側に引き返すときに彼氏がふざけて、おーいと叫びました。

 

何度か繰り返しているとすごいブレーキ音が聞こえてきました。

 

その直後、おぉという男の人の声も聞こえたような気がしました。

 

ビックリして猛ダッシュでトンネルから出ました。

 

携帯で何枚か撮影していたものを車の中でチェックしましたが何も写っていなかったし、
ビビりすぎてたねーなんて話しながら帰りに新しい志戸坂トンネルを通ろうとしたところ沢山のパトカーが見えました。

 

次の日新聞で見てみたらトンネル内で単独事故を起こし、
男性が即死していました。

 

携帯の写真で時間を確認したところ、
私たちがトンネル内で肝試ししていた時間と同じくらいでした。

 

あの男の人のうめき声のようなものを思いだし、私達は恐怖に震えました。

 

その後その写真を撮った携帯が行方不明になり新しいものに変えたと聞きました。

 

無くすようなところに行ってないし、電話をかけてもブチッと切られるような音が聞こえたらしいです。